平行輸入品と正規品について

世の中のあらゆる輸入品には、いわゆる正規モノと並行モノがあります。
「並行輸入品=偽物?」というご質問は数多く寄せられます。
そうですよね。確かに聞いたことはあるものの、正確に意味を把握されている方は

ご説明させていただきます。


■ 正規輸入品とは・・・?

各メーカーから日本の正規代理店が輸入を行い、国内の正規販売店へ商品が流れます。
正規のルートをたどって商品が動くので、当然価格は値崩れしません。定価が存在します。
正規販売店や百貨店などで商品を購入すると高いのは、全てが正規品だからなのです。
正規品は、ご購入後に安心したメンテナンスを受けられますし、偽物なのでは?
という心配ももちろんありません。

定価ですので、もちろん高いです。
しかし万が一不良や故障があっても正規販売店に持ち込めば修理が可能です。
正規品以外はメンテナンスでさえ断られ、有料となります。
並行輸入品でも無料でメンテナンスして頂けるブランドも御座います。

安心が第一の買い物であれば正規品というのは当たり前のことですが、安心と信頼を対価で定価で購入となります。


■ 並行輸入品とは・・・?

正規輸入品に対し、ライバル関係にある並行輸入品は、簡単に言うと海外で流通する商品を
現地の業者が購入し、日本の並行輸入商社へと輸出されるものをいいます。

もちろん製造されるところは正規も並行も同じですし、まったく同じ商品ですが流通ルートが違うことにより、正規に比べ非常に安く手に入れることができます。(流通する予定だった国からすれば、こちらが正規品になります。)

デメリットは、正規品の逆です。故障が起こっても正規販売店では無料修理をしてもらえない場合もありますし
説明書が英文のみだったり、修理時に部品が手に入らなかったり・・・ということが挙げられます。

しかし輸入に関して通関(税関)が非常に厳しくなり、偽物?という心配はほとんど無くなりました。
当店の商品は全て通関で商品を並行輸入品として申告し、偽物ではない証明をされて輸入許可が出ております。

さらに、しっかりと修理やメンテナンスを請け負う並行輸入業者が多くなりましたので、安心してご購入いただけるようになって来ています。
同じものを安く買うことができるため、並行モノの需要が高まっております。

正規品と並行輸入品が共存してブランド力が強くなったというのも過言ではありません。

並行輸入品が良いか、正規品が良いかはお客様がお選びいただくことです。

メリット・デメリットはありますが。
よくお考えになって商品ご購入くださいませ。

お客様によりお得なお買い物をしていただける並行輸入商品となります。

当店は有名大手店舗さんにも卸している企業と契約して、日本流通自主管理協会にも加盟している企業からですのでどうぞご安心してお買い求めくださいませ。


ブランド品の"偽造品"や"不正商品"の流通防止と、排除を目的と設立された「日本流通自主管理協会(AACD)」加盟企業より仕入れをを行い販売しております。
当店のブランド商品は全て流通経路を明確にし安心した商品提供をさせていただいております。